種族情報

popori

ポポリ

ポポリはエリーンによって目覚めさせられた自然に存在する神で、身長が小さくてふわふわした外観をしているが本能的な戦闘の知識を持っている。彼らは人間のように2本の足で歩くが、感情と本能は人間よりも動物に似ているかもしれない。外聞をはばからずいつも自信を持っているから、めったに罪悪感、恥ずかしさ、悲しみを感じることはない。

popori

古い友人たち

ヒューマンとポポリとの間で結ばれた同盟がヴァルキオン連合の創立の基礎であった。

尻尾の物語

ポポリたちはただの動物たちではない。彼らの多様な姿は各自の個性を反映する。

食いしん坊の武士たち

ポポリの好きなことは戦うことと食べることである。実は、食べることの方が好きかもしれない。

伝説

歴史

アマーンの戦争はアルン大陸に深い傷跡を残した。伝説の男神アルンの娘の女神エリーヌが父親の痛みを悲しみ、どうしても彼を守ろうと決心した。 彼女は自分自身の本質でエリーン族を作った。 その後、エリーン達だけでアルンを守ることが出来ないと判明したら、彼らは動物達を目覚めさせ、ポポリを誕生させた。 エリーン族とポポリ族は一緒に世界を修復し、保護し、保存するように努力してきている。

現代のポポリ

ポポリはアルゴンの脅威の恐ろしさをよく理解しているから、ヴァルキオン連合との同盟を非常に大事にしている。 連合の目的と目標が自然、アルン、そしてエリーヌの記憶に役立つ限り、ポポリは愛するものを守るために連合と共に戦う。

首都:ポラ・エリーヌ

ポポリ国とエリーン国が共有している首都は、エリーヌの永眠の地の近くにあり、神聖な湖の真ん中にそびえ立つ巨大な樹木の中に位置している。湖は森の奥にあり、バルダーの目と呼ばれる星の幻のような光によって永遠までも柔らかく照らされている不思議な場所である。

Popori Popori
popori