種族情報

high elf

ハイエルフ

その昔、エルフたちは自然と神々を崇拝するために存在していた。しかし、不道徳な紛争が巻き起こった時、彼らの文明が滅ぼされ、二つの新たな強くてプライドの高い民族に分裂されてしまった。今では、優れた技術者を育成し、孤独の伝統が続くハイエルフだけが存在している。

high elf

全知全能

ヒューマンは連合の原動力であるが、ハイエルフの歴史的・魔法的知識は、彼らを世界中の文化の番人にする。バラカ族だけが過去について詳しく、エルフは都市イルカの文書にある相違をすばやく指摘する。

不安な同盟国

エルフ兵士の存在はエルフ族がヴァルキオン連合に参加するきっかけを作ったが、アルレマンシアの壁の向こう側に多くの秘密があると信じて、他の民族の多くは信頼できなかった。だが、エルフは決して征服を断念しなかった。

駆け引きの天才

ハイエルフは滅多に個人的な助けを求めず、他人のために行動する。この特異性は意外な結果を招く。特に両方がエルフだったら。

基本的価値観

ハイエルフは自身の土地だと計り知れないほどの力を発揮し、どの世界にもMPを取りに行くことができ、自身の土地である、アルレマンシアにテレポートもできる。

伝説

歴史

百年前、ハイエルフはエセニアの領土を侵略した。 3千年の征服の後、連合軍の勢力は強力な高エルフ軍に甚大な損失を与えた。この叱責の後、エルフは、アルレマンシアの門がアルゴン侵攻から逃れた難民に開放され、エルフの軍隊が全人類ののために戦うため北へ侵略したが、敗北し世界から撤退した。

現代のハイエルフ

他の民族はエルフ族を望みを持ちながらも慎重に彼らの様子を眺めている。生きている記憶の中で、彼らはほとんどの人と戦っていたが、バルキン連盟へのコミットメントは本当である。それは今の彼らの人生の中核で、古代の文化であり、それぞれのエルフは「進んで、一緒に、そして強く」という新しい哲学の中で全民族を代表することが期待されている。

首都:アルレマンシア

エルフの街アルレマンシアは、シャラ南部地域の砂漠の中心にある宝石のようなオアシスのようなもの。 3つの吹き抜けの門は、金色の建築物で多くの観光客が圧倒する建築物だ。ほとんどの人にとって、アルレマンシアより美しい都市はない。

High Elf High Elf
high elf