種族情報

elin

エリーン

女神エリーヌが自分を模して創った種族で、エリーヌの娘とも呼ばれる。ポラ・エリーヌにある巨大な精霊樹の気を受けて生まれる彼女たちは女性のみで構成され、精霊に関する多くの秘密を女神より受け継いでいるという。 自然の守護者で、幼い姿をした、平和と調和を愛する種族である。

elin

小さいけど完璧

数十年後、エリーン族はエリ-ヌ川の水面から浮上するが、その姿は誕生した時と変わらぬままだ。

戦争の君主、平和の執事

エリーン将軍は最も熟練した将軍だが、できる限り平凡な生活を送ることを好む。

専用クラス:ソウルリーパー

闇から得た強大な力を操り、敵を冥界へと誘う中距離アタッカー。 防御力は高くないが、両手に携えた武器と多彩なスキル、強力な暗黒魔法で相手を翻弄し、戦闘を有利に導く。 致死性の攻撃を無効化するなど、高い生存力も備えている。

シグニチャークラス:くノ一

相手の攻撃を回避しつつ絶え間ない連続攻撃を与える高機動型アタッカー。 高い機動性を確保するために防御力は劣るが、近距離から遠距離までカバーできる攻撃範囲の広さと豊富な回避スキルが、その短所を十分に補っている。

伝説

歴史

女神エリーヌは彼女自身の体の欠片を元に、エリ―ン族を作った。エリ―ン族の肉体的な外観は、美しさと平和のためのアルンの最年少の娘の欲望を反映している。エリ―ン族の女王は、エリ―ン族とポポリ王国全体を支配し、歴史と使命を共有している。女王と彼女の軍は、平和の中で彼らの知恵と外交力を証明し、戦争で彼らの戦術と戦いの優位性を証明している。

現代のエリ―ン族

エリ―ンとポポリは自然保護を擁護しているが、彼らの間の結びつきはそれよりも深い。一つの国家として彼らが愛している世界を修復し、保護、保存している。ポポリ王国は、一番先に連合に参加した。アルゴン侵攻がすべての自然に脅威であることを理解したエリ―ン女王は、直ちにポポリとエリ―ンの軍隊をすべて集めた。

侵略者が故郷を襲撃し爆発を引き起こしたとき、リダ・エリーン王女は、最も暗いエリ―ンの神のエネルギーを復讐の霊に託した。

首都:ポラ・エリーヌ

ポラ・エリーヌは大規模な都市ではない。一つの樹木の幹の中に完全に収められてるが、エリーンの心の中では大きな場所として位置している。 ポラ・エリーヌは常に女神へ敬意をはらい、目標を達成することを誓う。エリ―ン女王は国家の問題に対処するとき、エリ―ン女王はポラ・エリーヌにいるが、戦闘時、彼女はアルゴンの最前線で自身の軍を率いる。

Elin Elin
elin