種族情報

castanic

キャスタニック

ダークなユーモアセンスと突発的な行動が特徴のキャスタニックは自身の暗い歴史に囚われることを拒み、新たな未来のために行動している。強くてインディペンデントなキャスタニックは最高な仲間になりえるが、最悪な敵にもなる。

castanic

フリースピリット

キャスタニックの華やかな衣装は、彼らの気ままな個性を表現しつつも、戦場での早い動きに最適である。

先襲の覇者

モンスターを背後から攻撃する時、クリティカルヒットの発生率が2倍増加になる。

落下の技

キャスタニックは落下の衝撃を半分にできる。

シグナチャークラス:
ムーングレイバー

キャスタニック族は、戦闘技術と武器をもっとも価値のある女性戦士に渡すために、世代間の武力闘争の秩序に基づいて秘密裏に保護されてきた。

伝説

歴史

ティタスが巨人との戦いでジュラスを封鎖した後、バルダーは兄弟のロックに彼女の創作物を見守るように頼んだ。しかし、ラカンの権力の約束によって誘惑された者もいれば、アークデヴァを発見するために北アルンまで悪の神に追った者もいた。

キャスタニック族は、バルダーの死を引き起こした人工遺物を作り出すまで、ロックの元で何年も働いていた。今日では、ほとんどのキャスタニック族が神を拒み、自分たちの苦労は神による仕業ではないと考えている。よって、自分たちの未来の決断を神に頼る者は臆病であると信じている。

現代のキャスタニック族

激しい気性のキャスタニック族はヴァルキオン連合で不安定な立場にいる。連合にいるキャスタニックは、共通の利益を達成するために協力はするが、リスクが低い場合のみ協力することを望む。評議会の決定が女王陛下の希望に反して行われる場合、一族の利益に役立つために、「不正な」勢力派がしばしば発生する。

首都:キャスタニカ

アラン南部の東海岸の谷に隠れていた、キャスタニック族の暗い心はエネルギーを消耗する。キャスタニック族の街、オーシャル・ブラックラベルはまるでトゲのような、暗い建築に包まれた街並みで構成されている。暗い過去に囚われていると誤解されたキャスタニックの住人を反映するように、狂気に愛情を込めて知られている、険しい美しさが街の表面下に潜んでいる。

Castanic Castanic
castanic