種族情報

baraka

バラカ

古代、巨大な帝国を築いた巨人族の末裔である気高き種族。強靭で雄壮な肉体と高い知的水準を持つ彼らは、傲慢であった古代巨人族とは異なり、優しく穏やかな性格を持つ。隠遁生活を好み、人目に触れるのを嫌うが、知識探求のためなら全身全霊を捧げる情熱的な一面もある。

baraka

時の止まった故郷

バラカにある都市、イルカは外世界との関わりが数百年間に渡り閉ざされていた貴重な古跡や言い伝えが残っている。

破竹の勢い

戦いが始まると、誰もバカラの勢いを止めることはできない。

反暴力的な歴史。

都市・イルカのバラカ族はアークデヴァ帝国が経験した史上最悪の打撃を受けた。何百年間もその事実を隠しながら、同じく助けを必要としたキリアン族を支援していた。

伝説

歴史

巨人たちは世界を征服するために彼らの莫大な力を使った。しかし、バラカ族は、自分の道を歩み、知識を追求する上でより平和な道を歩んだ。野望のために突き進んだ巨人たちは火の日に神々から罰されたが、同時に彼らはバラカを救った。その時以来、バラカ族は他の民族の土地で歓迎されてきた。アマニ族は巨人たちとの間にあった不幸な歴史のためにバラカ族との距離を保っていたが、連合によって育まれた新しい友好の精神によって、古い傷も癒えてきた。

現代のバラカ族

バラカ族は連合探検ミッションの最前線に立っている。 世界の歴史と文化、百科事典のようなとてつもない知識を有する戦闘員としてのバラカ族は、誰にとっても優秀な民族だ。

首都: 存在せず

バラカの故郷は破壊された。神々が巨人を闇に葬った時にバラカ族の土地も始末された。 その時に多くのバラカ族は新しい土地へ散策に出た。散りばったバラカ族はそれぞれの新しい土地に自分たちの信念に基づく図書館を設立し、すべての人々の利益のために自分たちの教育理念を広げようと学術プロジェクトに携わった。同時期に北アルンを取り巻く嵐の障壁の後ろに制御されていた深淵の城警備隊は、最初の家の遺跡を見下ろす高台に新たな都市、イルカを建てた。

長老は、都市イルカの信念である教育の大切さを象徴する。だが、深淵の城警備隊は不安のあまりにアーチデバ、家来そしてスパイに対して常に監視している。

baraka baraka
baraka