種族情報

aman

アーマン

アーマン族はディバイン戦争の後、何世代にも及ぶ奴隷を経験した。しかし、その間も彼らは自分たちの文化とプライドを忘れていなかった。彼らは今でも平和を一番に願う民族で、平和の為ならば彼らの言葉に決して二言はない。

aman

痛みを感じない

アーマンはHPが30%以下の時、PvPダメージを10%受けにくくなる。

力強く立て!

アーマンのランサーと凶悪犯たちは弱者を守ることが得意だ。それと同じくらいにアーマンの射手や魔術師が敵を探しだすことを得意とし生き甲斐としている。

恐怖を感じない

アーマンの国技、フムカは相撲に似ている。手すりが無いリングがマグマの上に設置されて戦うこともある非常に危険なスポーツだ。

伝説

歴史

神のアマルンによって始まった戦争をアーマン族はデヴァズ族と女神ズラスと共に戦った。戦争により弱まったアマルンは巨人の神によって殺された。この出来事によりアーマン族は巨人の帝国に吸収されて奴隷となり、そして戦士として支配された。

現代のアーマン

勝ち取った自由とヴァルキオン連合が象徴する平和を大切にすることで、アーマン族はとても過ごしやすい環境を手に入れた。巨人たちと歴史的なつながりのあるバラカ族に対する不信感が残る中、前進するには新しい視点を持つことが必要だとアーマンたちは悟った。アーマン族は平和を害する全ての障害を警戒する。そして自由の防衛においてより不安定で止まらない同盟国は存在しない。アークデスがアルン北部で発見された時アーマンは彼らの古き宿敵に対して熱心に腕をあげた。

首都:カイアトール

「北の鉄の砦」はアーマン文化のるつぼで軍事力の源、そして宿敵であるアルゴンの侵入を防ぐ平和を守る第一線である。戦神カイアを称える、カイトールのドームはまるで天国に繋がるくらい高く創られて、人々を守っている。カイア自身もドームに守られた街に住み、その地で守り神と教育者として優秀なカイトール族の育成に励んでいる。

カイトールは平和のために戦う。彼らは長年の時を経て培った戦闘術を武器に裏切り者と戦い、正義のために命を捧げる。

aman aman
aman